素行調査

MENU

素行調査探偵依頼するならこの方法|体験談などを紹介

浮気や不倫など相方の素行が気になるという方は多いのではないでしょうか。
そういったときにいろいろ調べたいと思っても自分ではなかなか調べられないので探偵などに依頼することになると思います。
ただ、探偵に依頼するといっても費用もかかるし、よくわからないという方も多いのではないでしょうか。
そこで当サイトでは探偵依頼についてと調査依頼体験談などを紹介したいと思います。

探偵事務所マッチングサイトで比較

原一探偵事務所

どこの探偵事務所にしようか迷っていたり比較して選びたいという方は多いのではないでしょうか。
そういった方におすすめの探偵事務所マッチングサイトがあります。
それがMACHIKADO探偵相談所です。
利用者実績も30万人を突破しています。
全国100社超と提携しており、探偵社の見積もりなども行ってくれます。
匿名で無料診断できるので試してみる試してみるのも良いのではないでしょうか。

おすすめ探偵事務所

原一探偵事務所

原一探偵事務所は調査実績40年以上という探偵事務所です。
テレビでもおなじみでご存知の方もいるのではないでしょうか。
特徴としては複数のチーム体制で調査を行い、全国に17カ所に拠点があるというところでしょうか。
知名度、実績も含め無料で相談できるのでまずは相談してみてはどうでしょうか。

 

公式サイトで確認>>原一探偵事務所

HAL探偵社

HAL探偵社は相談件数も増えており実績を上げている探偵事務所です。
特徴はというと全国11支店があるということと料金後払いという形態をとっています。
あと公式ホームページでは無料の浮気診断シミュレーターがあり、匿名で利用できるので一度利用してみてはどうでしょうか。

 

公式サイトで確認>>HAL探偵社 浮気診断シュミレーター匿名申込

総合探偵社MR

総合探偵社MRは創業10年以上で依頼実績も多く、業界大手の探偵社です。
様々なメディアの取材協力実績もありますし、安心して利用できるのではないでしょうか。
浮気調査、不倫調査、家出調査など様々な調査を行っています。
カウンセリング体制も整っており、しっかりとサポートしてくれるのではないでしょうか。
まずは無料相談からできますから、メール等で相談してみるというのも良いのではないでしょうか。

探偵依頼のポイント

■極力費用を抑える

素行調査となるといろいろ調べるのに日数や時間がかかります
それだけ時間がかかれば費用も多きくなってきます。
ですから調査依頼をする前にまずはなるべく自分で集められるだけ情報収集をしておくことが大事です。
そうすると調査してもらう時間を絞れると思います。
そうすれば費用も低く抑えられるのではないでしょうか。
記念日やイベントなどを狙って調査してもらうのも良いのではないでしょうか。
■信頼できる実績のある探偵事務所を選ぶ
探偵事務所も数多くあってどこに依頼すればよいのか迷ってしまします。
一番は知名度や実績がある探偵事務所でしょうか。
安いからということで依頼して調査がいい加減だったり、追加料金が多くかかったりするのは困りますからね。
やはり実績があったしっかり料金がわかりやすい探偵事務所が良いのではないでしょうか。

素行調査の調査内容について

近年、日本全国の探偵事務所や興信所についてのニーズが高まっています。
特に最近ではこうした事務所に素行調査の依頼が目立っており、中でも浮気調査に対する関心が寄せられています。
浮気調査の調査内容は張り込みや聞き込みなどが中心となっており、特にホテルやレストランなどから調査対象者が入店する瞬間などをしっかりとカメラでおさえることが望まれています。
インターネット上では全国の探偵事務所や興信所がウェブサイトを開設しており、以前よりも一般人に身近な存在となっています。
インターネット上の口コミサイトや掲示板などでは人気のある探偵事務所や興信所の体験談が数多く掲載されているために、事務所の選びたい場合にはもってこいとなっています。
素行調査を依頼するためには、数十万円程度の費用が必要となるケースが多いために、しっかりと日ごろから貯蓄をすることが有効です。
今後も全国的に素行調査の人気が高まるとみられています。

素行調査の費用

自分が今すごく気になっている人がいて、その人のことを具体的に調べてもらうことができるのが素行調査だったりします。
素行調査をすることで相手のことを調べることができるのですが、探偵事務所などに依頼すると実行してもらうことができたりします。
素行調査してもらうことで相手のことも誰にも知られず、こっそり調べることができるものの、費用は結構高くつきやすくなってきます。
ただし、費用が安いことを売りにしている探偵事務所もあるのですが、費用に関しては問い合わせをしてみるといくらいぐらい必要になってくるのかを知ることはできるのです。
成功するかどうかということも大事なのですが調査員がターゲットとなっている相手を追尾することになってくるため、失敗することもまれにあります。
なので絶対に成功すると限らないのですが、プロの調査員なので成功率の方が高いのです。
費用は報酬として成功した場合に後払いということで払うこともあります。

素行調査を探偵社に依頼してから完了するまでの期間と流れ

素行調査を探偵社に依頼してから、調査が完了するまでにはどれくらいの期間が掛かり、また調査はどのような流れで行なわれるのでしょうか。

 

まず探偵社が素行調査を完了するまでの期間についてですが、平均的な所ではおよそ3日間ほど、また浮気調査の場合は3〜7日間ほどになるケースが多くあります。
調査が完了するまでの期間については、依頼者の方が単に相手の行動について知りたいだけなのか、または浮気調査など証拠を求めていたかにより、どれ位の日数が必要になるかは大きく変わります。
例えば前者のように相手の行動について知りたいだけであれば、あらかじめ3日間と決めればそれを超える事はありません。
その一方で浮気調査であれば決定的な証拠が得られるまで続けることになり、加えて繰り返し継続して浮気をしている証拠も必要になりますので、調査に要する時間はやや長引くこともあるのです。

 

続いて素行調査を依頼する際の流れについてですが、まずはご自身で調査対象者について集められる範囲で情報を集めます。
続いて探偵社を選んだら、あらかじめ押えた情報を携えて相談に訪れる事になり、調査手法や費用などについて細かく聞いておきます。
相談する中でご自身が納得できたら契約書面を作成することになり、内容を細かく精査した上でサインしましょう。
調査料金については一般的に一部を着手金として支払うことになり、いよいよ調査が開始されます。
調査が終了した後については、当日に簡単な報告を受けた後に報告書・写真・DVDなどが作られ、数日後には残金の支払いと共に報告書を受け取る流れになり、一連の調査は終結します。

個人で素行調査を探偵社に依頼するよくある理由について

個人で素行調査を探偵社に依頼する際には、人により様々な事情を抱えているのですが、よくある理由についてどのようなパターンが多く見受けられるのでしょうか。

 

まず個人で素行調査を探偵社に依頼するよくある理由として多いのは、恋愛に絡んだ案件です。
例えば恋人が浮気をしているようなので調べて欲しい、好きな子ができたので相手について調べて欲しい、自分を振った人の恋人について調べて欲しい、婚約者について調べて欲しいなど、この手の要望は非常に多くあります。
ただこうした案件については必ずしも全てで対応できる訳ではなく、関係性が不透明で相手に了解が得られない調査や、犯罪に発展する可能性がある調査はいずれの探偵社でも引き受けていません。

 

続いて個人で素行調査を探偵社に依頼するよくある理由としては、親族間での調査案件が多く見受けられます。
例えば遺産相続の関係で調べて欲しい親族がいる、上京したまま連絡が取れない子供の生活ぶりを調べて欲しい、いさかいがあり関係性が悪い親族について調べて欲しい、長く故郷に帰れていないので親の様子を調べて欲しいなど、こうしたケースも様々あります。

 

またそれ以外ではお金に絡んだトラブルもありますが、近年ではネットで関係性がある相手について調べて欲しいとする案件も多く増えています。
ただネット関係の場合もまた相手との関係性が不透明で相手に了解が得られない調査になりますので、ケースによっては調査が出来ない場合もあります。

自力で素行調査をすることは可能なのか?その方法について

探偵社に素行調査を依頼した場合には少なからぬ費用が掛かりますので、出費を押えようと自力での調査を考えるケースもあるのですが、そもそも素人が自力で調査する事は可能なのでしょうか。

 

まず素行調査は、調査対象者を張り込みし尾行する事が主な調査手法になりますので、技術的にも時間的にも素人が行えるのか疑問点があります。
調査における技量は、調査を成功させるか否か大きく二分する重要な要素であり、さらに家庭の主婦の方が夫を尾行しようにも時間的に難しい事もあるのです。
また浮気調査の場合はラブホテルの出入りなどわずかなチャンスを間違いなく押える必要があり、また浮気相手の身元についても尾行して押さえなければなりませんので、こうした調査を行なえる可能性はかなり低くなるのです。

 

ただそうは言っても探偵社に依頼できない場合は自力で素行調査するしかなく、その場合の方法としてまずは尾行の練習から行なうと良いでしょう。
尾行は基本的に対象者と程好い間合いを保ち、相手の行動に左右されず後を付けられる事がポイントになりますので、駅前で適当な人を選び尾行の練習するのも一つの手です。
続いてカメラ撮影の方法についてですが、デジカメよりはビデオカメラの方が良いので、まずは機材を用意してカバンなどに仕込み、周囲に目立たないよう撮影する練習を行ないます。
また顔見知りに対して行う調査ですので変装も重要であり、変装の方法としては髪形や服装などイメージを大きく変えて、あまり過度には顔を隠さずマスク程度で隠しておけば、調査に成功する可能性も上がります。

夫の浮気について素行調査を依頼してもバレてしまうことはないのか

夫の浮気は重大な問題ですので、一刻も早く素行調査を依頼しておきたいのですが、夫の浮気調査について相手方にバレることはあるのでしょうか。

 

探偵社に依頼した事が相手方にバレるケースは、調査員の腕前にもよりますが一般的なレベルの調査員であればほぼ皆無と考えて良いでしょう。
素行調査では張り込みと尾行が調査の中心になるのですが、まず張り込みでは目立たないようにするのが基本です。
例えば駐車場に停めた車中に隠れたり、近隣の店舗の中や建物の中に、また人通りが多ければ雑踏の中に紛れるなど、いずれも姿を隠す事ができます。
長時間の張り込みの場合はどうしても姿が目立つこともありますが、調査員を入れ替えたり車両を入れ替えるなど様々対策を講じますし、相手方に露見しないよう無理が生じない範囲で一旦調査を打ち切ることもあります。

 

また素行調査における尾行では調査員は2人1組で行動しますので、いつまでも同じ人物が尾行するのではなくその時々で調査員を入れ替え、また服装について変える事もあります。
一般的に調査対象者の多くは、よもや自分が尾行されているとは思いませんので、発覚するケースはほぼありません。
また尾行では深追いしないのが鉄則であり、例えば警戒心が強い相手であれば尾行の打ち切りも視野に入れますし、夜間の人出が無い道での長時間の尾行も、場合によっては打ち切ります。
万が一、調査員が相手方に捕まるようなことがあっても、夫の浮気調査の依頼があったなど口にする事はありませんので、こうしたトラブルでもバレる事はありません。

せっかく素行調査を依頼したのに失敗してしまうケース

せっかく素行調査を依頼したのに、調査に失敗すればその後の計画にも狂いが生じる事になりかねませんが、具体的にどのようなケースで調査に失敗する事があるのでしょうか。

 

まず探偵社側の要因で起きるトラブルでは、調査対象を見失ったり急にタクシーに乗られるなどして、調査が継続できない場合があります。
また素行調査の現場では何が起こるか分からず、突発的な出来事で調査に支障が出ることもありますので、経験豊富な調査員でも100%の確立で結果を出せる訳ではないのです。

 

続いて調査対象者側の要因で失敗するケースについてですが、行動するか否かは全て調査対象者の考えによります。
相手方が何も行動しないのであれば調査は成り立たず、行動記録を残したり浮気の証拠を手にする事もできません。
特に気まぐれな対象者には手を焼くことも多く、調査にあたり対象者の情報が多ければ多いほど成功する確率を上げる事ができます。

 

また依頼者側の要因についてですが、例えば配偶者の浮気について素行調査を依頼したことがバレることが少なからずあります。
そもそも依頼者側は緊張感を持って調査をお願いしているにも関わらず、なぜ相手に露見する事があるのでしょうか。
例えば調査契約書を安易に自宅に隠していたり、パソコンで探偵社を検索した履歴が残されていたケースもあります。
またスマートフォンや携帯電話の着信番号から電話相手が探偵社と気付かれる事もあり、浮気をしている配偶者はそのあたりも敏感ですのでいずれも注意が必要です。

素行調査で行われるプロの尾行ではどんな工夫をしているのか

探偵社が行なうプロの尾行はあまり目にする機会も無いのですが、素行調査において相手にバレずにしっかり行動を把握するために、プロの調査員はどんな工夫をしているのでしょうか。

 

まず素行調査を行うにあたり必要な物を取り揃えることから始まります。
調査に際しては目立たず行動するのが鉄則ですので、調査を行う地域に合わせてオフィス街や住宅街から商業施設など、その場に即した服装を選択します。
続いてカバンに仕込んだビデオカメラや、高倍率で撮影できるカメラ、また赤外線で夜間などの撮影にも対応したカメラを用意することもあり、状況に応じて必要な機材を選びます。
また調査で欠かせないのはSUICAなどの共通乗車カードで、タクシーに乗車した際にもつり銭を受け取らなくても良いよう1000円札を多めに持ちます。

 

続いて素行調査の本番を迎えると、いよいよプロの尾行でどんな工夫をしているのか様々見えるのですが、相手から一瞬でも目を離すと致命傷になりますので、メモではなく音声で行動記録を付ける事もあります。
尾行に際しては必ずしも対象の真後ろに付くのではなく道路の反対側などずらすことも多く、調査対象者を雑踏でも見失わないよう服装や靴や持ち物などはしっかり記憶しておきます。
また乗り物の乗り降りは特に気を使う所で、急な動きにも対応できるよう身構え、また電車やバスなどの車内で気が付かれないよう程好い距離感を保つことも重要です。
また撮影に際しては当事者である事が判るよう顔をしっかり捉え、日時や場所なども分かるよう映し方にも工夫します。

探偵事務所マッチングサイトで比較